釣り初心者必見!クリンチノットの結び方!

釣り

クリンチノットとは

 クリンチノットは市販の仕掛けやスナップ、サルカンなどに糸を結ぶときに使う結び方であり、最初に覚える人も多いかと思います。この結び方をマスターすれば大体の釣りはできますし、応用も聞きます。

結び方

 上の写真が結び方の図となります。下に説明を書きます。

  1. 糸をサルカンに通す。
  2. 端糸を本線に4~5回巻きつける。
  3. サルカンの近くにできた輪っかに端糸を通す。
  4. 3で生じた大きな輪っかに端糸を通し、端糸と本線を引っ張って締め込み、余った端糸を切って完成です。

実際の糸で

 これらのことを踏まえて実際の糸で結んでみます。

     まず糸をサルカンの輪に通して端糸を本線に5回巻きつけます。

    そしてサルカンの近くにできた糸の輪に通して・・・

  そして大きな糸の輪に端糸を通して締め込めば・・・

  クリンチノットの完成!!

最後に

 この結び方を覚えれば大体の釣りはできるようになるので、初心者の方はぜひマスターしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました