釣り糸の素材の種類について

その他

 釣り糸にはいくつか種類があり初心者の方はどのラインがいいのかわからないと思います。そこで今回は代表的な3種類の素材にについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

種類

釣り糸(ライン)には有名なものとして次の3種類の素材があります

  • peライン
  • フロロカーボンライン
  • ナイロンライン

それぞれの素材の特徴について紹介していきます。

peライン

  • メリット
    • 他のラインに比べて強度がある
    • ラインが伸びにくい
  • デメリット
    • 糸が横から擦れるとすぐに切れる
    • 比較的高価
    • 糸がよく絡まる

 ラインが伸びにくいため、peラインはアクションを加えるルアー釣りに向いてます。しかし、根ずれに弱いため途中からフロロカーボンラインを接続して使うことが多いです。

フロロカーボンライン

  • メリット
    • peラインに比べて根ずれに強い
    • ナイロンラインに比べて伸びない。
  • デメリット
    • peラインに比べて強度は低い
    • ナイロンラインに比べて癖がある。

  前述したようにこのラインはpeラインでルアー釣りをするときにセットで使われることが多いです。またフロロカーボンラインは沈下速度が速いためその性質を好み、ルアー釣りにてフロロカーボンラインをリールに巻いている人もいます。

ナイロンライン

  • メリット
    • 安価
    • 癖がない
    • 根ずれに強い
  • デメリット
    • 吸水するため劣化が早い
    • 伸びやすい

 ナイロンラインはかなり使いやすく、初心者向きのラインですが、3種類の中で最も伸びやすいので、アクションを加えるルアー釣りには比較的不向きです。

初心者はどのラインを使うべき?

 結論から言うと初めはナイロンラインから使うことをお勧めします。餌釣りはもちろん、軽いルアーを使った釣りや、巻いてくるだけのルアーならナイロンラインでもできると思います。peラインは扱いが非常に難しいのでまずはナイロンラインで慣れましょう。

最後に

 ほかにも釣り糸の素材はあることにはありますが(エステルなど)今回紹介した3種さえ覚えておけばほぼすべての釣りはできると思うので初心者の方はぜひ覚えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました