FGノットが結べるようになるまでの過程

その他
スポンサーリンク

初めに

 

趣味ブログ管理人
趣味ブログ管理人

今回はFGノットがを結ぶのが上達するための過程を紹介していきたいと思います。

 ここで注意してもらいたいのはFGノットの結び方ではなく、FGノットを結ぶのが上達するための過程を今回紹介します。

FGノットとは

 FGノットはpeラインとフロロカーボンラインをつなげるための結び方で、主にルアー釣りなどに用いられます。
 しかしこのFGノット非常に結ぶのが難しいです。私もこれを覚えるのにだいぶ苦労しましたし、他の方も結構結べない方もいるみたいです。そこで今回はFGノットが結べるようになるまでの過程を実体験をもとに紹介していきたいと思います。

今回FGノットの方法を紹介しない理由

 はじめでも言ったように今回はFGノットの結び方は紹介しません。そのくらい教えてくれればいいじゃん!と思う人の方が多いのもわかります。それを理解したうえで今回はFGノットができるようになるんまでの過程を公開します。
 そしてFGノットの結び方を紹介しない理由は以下の通りです。

  • もう他の方がyoutubeやネット上で公開しているから
  • その動画などが非常にわかりやすいから
  • むしろ混乱を招く恐れがあるから

 わかりやすい動画があるならこの記事の存在価値がないじゃんwwと思う方もいると思います。しかし、そのようなわかりやすい動画を見ても当初の私は意味が分からなかったからです。FGノットが組めるようになった今でこそ、そういった動画は今でこそ『これ以上分かりやすい説明はないな』と思いますが、当初の私は編み込む?どうゆうことだ?と思いました(私の理解力が非常に乏しい可能性も高いですが)。こういった経験から今回は動画を見てもできなかった人向けにFGノットが結べるようになるまでの過程を紹介していきます。

過程① ノットアシストを使って組んでみる

 ノットアシストと出会うまではFGノットが全くできませんでした。というのも実際の完成形が全くイメージできなかったからです。そこで私はノットアシストを試しに買ってみました。すると時間はかかりましたがFGノットを組むことができました。FGノットを組んでいる最中に気づくことも多いかと思います。例えば、動画で言ってた編み込むの意味だったり、ハーフヒッチとは何かについて知ることができました。
 実際の完成形が見えたので、動画で言っていることや動画の動きがどのような意味があるのかを理解できるようになりました。下の商品は実際に私が使ったものです。

過程② 人がFGノットを組んでいるところを実際に見る

 動画で言っていることや動作などを過程①で理解することはできましたが、私はとても不器用なため、実際にその動きを再現できませんでした。そのように悩んでいた時、知り合いの方がFGノットの結び方を見せてくれました。FGノットを結んでいるところを360°どの方向からも見ることで手の動きなどを細かく知ることができます。これは動画を見ることでは知ることができないようなことも知ることができます。例えば、締め込むときの手の使い方などです。
 もし近くにFGノットのやり方を知っている知り合いがいないという場合は、フィッシングショーなどの釣り関係のイベントに行って相談してみるのもありだと思います(私はそういったイベントにはいったことがないのでわかりませんが、釣りが上手な人に出会うという意味ではいいと思います)。    

過程③ 工夫する

 実際にFGノットを組んでいるところを見た後はまずその人と同じように組んでみましょう。そしてそれでも駄目だったら自分に合うように工夫してみましょう。例えば編み込むときにpeラインを指に巻き付けますが、その時の巻きつけ方を変えてみるのもいいでしょう(実際に自分もやりました)。ここで役に立つのがyoutubeなどの動画です。youtubeにはいろいろな方法が載っています、これまでの過程で養ってきた感覚や知識を駆使してそういった動画を見ていると、何もしていなかった時と比べて理解度が段違いです。実際に私が参考にした動画のリンクを張っておきます。

[初心者オススメ] 素早く簡単最強ノット!【堀田式FGノット】※公式最新版 – YouTube

【ヒロ内藤流バス釣り】FGノット、口にくわえず釣り場で99秒で結べる!簡単◆ライン結び方【バス釣り101初心者】 – YouTube

最後に

 今回はFGノットがどうしてもできないという方のために早く上達するための過程を紹介しました。ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました